Slider
「葛飾町工場物語」とは、葛飾区の町工場から生み出される選りすぐりの製品・部品・技術のすごさを【未来を照らす技】葛飾ブランド「葛飾町工場物語」と認定して、その製造背景やエピソードなどを交えストーリー性豊かにマンガや紹介記事で広く区内外にPRしていく全国でも珍しい地域ブランド発信事業です。
葛飾ブランド「葛飾町工場物語」認定品・認定技術は、認定の申請をもとに葛飾区及び東京商工会議所葛飾支部が審査し認定したものです。
葛飾ブランドのトリセツ
葛飾ブランド社長の推し店

2023年度認定企業

工場で一つひとつ職人が製造するブリキの玩具。平面のブリキの板に印刷された絵が、プレス加工をした際に本体の曲面とズレがないように調整するのはまさに職人技である。代表的な製品である「ミニプルバックANA」シリーズは、発売から30年以上愛されるロングセラーとなっている。
認定製品は、ロールスクリーンの内部に搭載された巻き取り装置である。スプリングの力を使うことによって、ワンタッチで生地を巻き上げることが可能。生地が巻き上がる時の衝撃を抑えるブレーキシステムには独自の工夫が詰まっており、30年以上にわたって納品実績がある。年間受注数は約3万6000本。
同社は超硬合金の研磨を得意としており、機械ではできない難易度の高い加工を職人の手で行っているのが特徴である。品質を重視しているため顧客からの信頼も厚い。超硬合金の加工に特化した企業は珍しく、都内で1社、関東で数社程度しかない。
真鍮、プラスチック、アルミニウム、ステンレスなど直径3mm~20mmまでの丸棒や角棒の加工を得意とし、50年に渡り、さまざまな製品の部品を製造。東京オリンピック室内競技会場の消毒機器部品や、全国各工場のほぼすべての油差しや空気入れの部品は、同社が製造している。
天然ゴムを主原料とする卓球ラケット用ラバーのゴムシートをOEMで製造。天然ゴムの仕入れから、工場で素材の精錬、成形、検品まで自社で一貫して行っている。卓球業界で有名な企業へ製品を納入しており、オリンピックチャンピオンも使用した実績がある。

認定製品ストーリーマンガ

認定製品の製造背景やエピソードをマンガと記事にて紹介しています。
下記冊子は「kindle」にて無料ダウンロードができますので是非お読みください。
第16回・2022年度
第15回・2021年度
第14回・2020年度
第13回・2019年度
第12回・2018年度
第11回・2017年度
第10回・2016年度
第9回・2015年度
第8回・2014年度
第7回・2013年度
第6回・2012年度
第5回・2011年度
第4回・2010年度
第3回・2009年度
第2回・2008年度
第1回・2007年度

 icon-arrow-circle-up